証券会社の仕組み

証券会社の法改正と大手、準大手

1968年4月1日に、「免許システム」は前の登録制のために形で導入されました。
しかし、私は1998年に証券取引法改訂によって免許システムを廃止して、「登録制」に変わりました。
そのほかに、免許システム時代の間、許可は再分割されました。
そして、以下の許可あらゆる任務がありました。
「一般的な証券会社」ですべて許可がある証券会社を表しました。
介在を売り買いしている最初の許可 ― 売り買いしていて、第2の許可を(分ける)売っている
自己計算 ― から、第3の許可 ― 第4の許可を(引き受ける)引き受けて仕事 ― (仲介)に
売る。
登録制に変わった現在で、追加でセリング(売る)、それはあります。
各々の、任務Iについての第29条による「認可システム」は任務を確立します。
そして、証券店頭デリバティブ・ビジネス(証券の保証)のような取扱いを実行して
私設取引システム(PTS)が任務を果たします。

大手証券
小売から投資バンキングまでフルサービスを提供します。
世界の至る所で海外ベースを持って、国際的な開発を予定します。

準大手証券
それには大手企業のようなフルサービスを提供しているものの小売重大な考慮の管理形で
日本の上にすべてで枝ネットワークがあります。
主要な証券と分化を予定するためにドイツの自色ならを与える傾向があります。