証券会社の仕組み

インターネット証券会社

インターネット予備選挙占領の証券会社

1990年代後期のインターネットの爆発的な広がりに加えて、スタートとして
1998年の松井証券とともに1999年の株売買委託手数料の自由化によってインターネットを
使用した証券会社は、現れました。
基本的に営業拠点とビジネスのメンバーを必要としなかったので、前の会議ビジネスとは異なり
縮小は人件費のようなオーバーヘッドのために許可されました。
そして、それは低コストで管理携帯にとって可能になりました。
したがって、主に株売買委託手数料を減らして、速く価格競争力を加える調子で
市場に出ていて株式を増やしました。

しかし、低コストでそれを走らせることができて、それを大手銀行とビジネス会社に加えました。
foreign-affiliatedしました。証券入場壁が最低と証券業であったので、巨大な
野村証券がそれに入って、競争がその後速められたという過当競争と価格の条件にあって
その結果、撤回と合併が連続して再び残された証券会社は、価格競争だけでなく
取扱い製品の多様化を含むサービスの改善も強調します。

インターネットの証券は恐いものですね。
一瞬の金持ちになったり、一瞬でお金が無くなったりしますからね。